うにゃにゃ通信

日本近現代史系公開めも書き

反論するとボコられそうな正論が嫌いだ。

いまの時代、ネットには、もっともらしく、耳ざわりの良い、美しい正論が、そこかしこにあふれている。ごもっとも的な、反論するとボコられそうな正論が。

そうした、美しい正論が、僕は嫌いだ。

時代をさかのぼれば、日本がいわゆる「軍国主義」に傾斜していく時代にも、反論するとボコられそうな正論が、この国にはあふれていた。

結果、日本は負け戦に突入してしまった。

国民統合の象徴としての天皇を支え続けていることの意味

かつての戦争下、「自主的思考が不十分で権威に追従していたから、死の一歩手前まで追いつめられた」日本人が、憲法に明記された、国民統合の象徴としての天皇を支え続けていることの意味を、考え続けている。

これ以降のお取引の日付は西暦で印字いたします。

…と、銀行の通帳を記帳したら書かれてあった。

日本は今後ますます、「国際化」が進む。労働者も、観光客も、海外からどんどん来る。元号が、どんどん要らなくなっていく。

「統合されない国民」の時代が、いずれやってくる。

天皇制試論:なぜ僕は不安にかられるのか

先行きが見透せないとき、見透しにネガティブな要素があるとき、人は不安になる。

その見透しが詳細だったり、長期にわたるものだったりすると、ネガティブな要素は増加するから、人はいっそう不安になる。

いっぽう、先行きを見透さなければ人は不安にはならない。不安になりたくなければ、先のことをあまり考えないことだ。

また、先行きを見透したとしても、他力本願なら、人は不安にはならない。誰かが何とかしてくれる、そう思えれば、不安にはならない。

日本における天皇制の意味はここにあるのではないか。そう思ったのは、たとえば血盟団事件。資料を確認せずに書くので誤りがあったらゴメンナサイだが、血盟団事件はある意味で無責任な考え方に基づいていた。天皇という太陽がさんさんと降り注ぐようにするために、陽の光を遮る雲を蹴散らす。蹴散らした後をどうするかまでは考えない。とにかく雲を蹴散らしさえすれば、あとは天皇が何とかしてくれる。そういった考え方だったはずだ。

天皇が何とかしてくれる。

昭和初期から敗戦までの日本は、要は天皇頼みだった。社会集団組織は思考を停止し、皆が空を見上げていた。結局、「聖断」によって戦争という自動マシーンは止まった。

戦後。人々は自主的思考を取り戻したのだろうか。いや、全国行幸の人々の熱狂をみるかぎり、そうは思えない。人々はおそらく、戦前戦中と変わらぬ天皇の姿を見て、「私たちは変わらなくていい」ことに、心から安堵したのではないか。

そして高度経済成長。頑張って働く=思考停止した自動マシーンとして動き続けていれば、毎年給料が上がっていった、幸せな時代。考える必要など、なかった。

天皇のもと、人々が思考を停止したことで、戦争で多くの不幸が生まれ、豊かな社会が現出した。そして今。思考を停止しつづける僕らの前には、問題が山積だ。

と、考えていくと、結論としては、僕らは不安にかられる日常を生きていかなければならない。

都会と田舎:大地の活気とか何とか

都会は賑やかで、きらびやかで、人々のエネルギーに満ちあふれているように見えるのだが、はたして、クリエイティブなのだろうか。

たんにコンテンツをつくっていればクリエイティブ、ということなら、都会はめちゃめちゃクリエイティブなのだけど、内実どれだけ、創造性にあふれたものなのかと問うていくと、都会が生み出すものはけっこう、うわべだけでペラペラだったりする。

いや、かつて都会がクリエイティブだった時代があったのだろう。1970年代とか。人々のカオスがぐわっと充満して、そこから新しいものが弾けるように生み出されていた時代。

でも、時は流れた。

話は変わるけど、都会は、死が希薄だ。それは、大地がコンクリートで覆いつくされているから。土があれば、生命がある。生があれば、死もある。大地は生死が充満した世界だ。大地に欠けた都会は、生も死も欠けている。人々の活気に満ちた雑踏は、同時に、大地の活気に欠けた空間だ。

そこで何が生み出されるというのだろうか。

都会は、がんばる。相互規定された関係性のなかで、定められたルーティンを反復する。思考は削られていく。

田舎は、がんばらない。ほどけた相互規定から、多様な可能性が生まれる。ゆとりから、新しい発想が育っていく。

…と単純化するのも、どうかとは思うけど。

張り切らないでも生きていける国へ

このところ、気力がわかない。

理由については思い当たるふしもあるが、そこを問い詰めてもあまり意味がない。気力がわかなくても、やることはちゃんとやっているし、そういうときもあるさと考えるようにしている。

ところで、僕が住んでいるこの国=ニッポンは、明治以来このかた、ずっと張り切って生きてきた。「さあ、張り切っていきましょう!」という元気な掛け声につられるように、押し出されるように、僕らは日々、張り切って生きている。

でも、どうだろうか。世界中の人々は、こんなに張り切って、生きているだろうか。

グローバル・スタンダード的観点から見ると、この国の住民は、やけに元気に張り切って生き続けることを要求され続ける、稀有な人々なのではないだろうか。

「張り切るという道」を外れても、じゅうぶんに生きていける国こそが、皆が普通に笑って暮らしていける国なのではなかろうかと、思った。

1968年の日本は「中進国」だった。

毎日新聞2018.10.24社説「1968年、明治100年記念の時と比べてみよう。敗戦から23年、独立回復から16年。すでに東京オリンピックを開催し、高度経済成長の真っただ中にいたとはいえ、本紙社説は日本のランクを「中進国」と記している」

で、当時の社説。1968.10.24「日本が「中進国」として、いわゆる“南北問題”に寄与しうる役割については、むしろ、外国の期待が大きいようだが、われわれは、その期待される役割を果たしつつ、やがて、中進国の水準を脱して、先進国の地位に列する野心をもちたい、と思う。もっとも、このような役割については、かなり悲観的な見解をとる向きもある。日本の中進性は、時間的にも地理的にも宿命であって、むしろそのような宿命を甘受して、世界に向かってその役割を果たすべきだ、というのである。つまり、日本が五歩進めば、米国は十歩進んでいるだろう。ムリに追いつくことをあせるよりも、中進国の地位を保持しながら、日本人の得意とする模倣と応用の才を百パーセント発揮することによって、アジアに多い発展途上国の開発援助に寄与することこそ、最も日本にふさわしい役割だ、というのである」

ふうーん。当時このような、「中進国が日本の宿命」というような、いまから考えるとずいぶんと悲観的な見方があったのだな。

ところがすでにこのとき、日本はGNPで世界第二位の「経済大国」となっていた(翌年6月10日に経済企画庁が発表した国民所得統計(速報)で明らかに)。

翌年の流行は、「オー・モーレツ!」。4月1日からの丸善石油のガソリンのテレビCMで、モデルは小川ローザ。さまざまな場面で感嘆詞的に使われ、子どもたちの間では、このことばをかけ声にしたスカートめくり遊びなどが流行した。組織の目的に迷わず突進していく「モーレツ人間」や「モーレツサラリーマン」などのことばも生まれた(『昭和 二万日の全記録』)。

「中進国としての諦め」から、「大国」としての自覚が生まれるのが、この頃の日本。時代の大きな転換点。